脇の汗 手術

脇の汗をとめる手術の方法について

脇の汗を大量にかいてしまうと、洋服にシミとなりとても目立ちます。

 

体の発汗機能は体温調整などの大切な役割を担っていますが、異常なほど汗をかいてしまう人もいるために、治療が必要となることがあります。

 

治療方法には色々な種類がありますが、本格的な手術をして確実に脇の汗を対処することも可能です。

 

脇の汗をとめる手術には汗腺であるアポクリン腺を取り除く手術があります。

 

この手術方法では完全に脇の汗を止める効果がありますので、多汗症で困っている方にはとても効果的な方法です。

 

しかしこの手術では、まれにアポクリン腺の取り残しがあったり、傷跡が残ってしまう場合もありますので、信頼のできる医療機関で手術を受けることをお薦めします。

 

皮膚科や美容外科などで行っていますので、まずはカウンセリングを受けるとよいでしょう。

 

脇の汗は誰でもかきますが、ストレスなどの精神的なことが原因となる場合や、生活習慣、そして食生活等も大きく影響しています。

 

そして脇の汗はにおいが強いことも特徴ですから、わきが対策として手術を受けるかたも増えています。

 

脇の汗は日頃の心がけで症状を緩和する事は可能です。

 

しかし、確実に汗を止めたい場合には、手術を受けることが一番効果的です。

 

手術以外には、理学療法や注射を打って汗を止める方法もあります。

 

それぞれの症状によって適切な改善策をとる事が重要になりますので、脇汗が気になる場合にはまず医療機関で相談をすることをお薦めします。

 

脇汗は夏にかきらず、一年中気になります。

 

特に冬になると厚着をする為に、通気性が悪く脇の下には雑菌が繁殖してにおいが強くなることも特徴です。

 

男女ともに気になる脇の汗ですが、特ににおいは周囲の方にも迷惑となりますので、しっかりとケアをしておきたいですね。

 

毎日お風呂に入ることも体を清潔にする為にとても大切です。

 

ちょっとした注意をすることで、脇の汗のにおいは改善する事ができるのです。

 

⇒手術以外で汗を止めるには?