脇の汗 注射

汗を止めるボトックス注射とは何?

多汗症の方は、暑くもないのに大量の汗をかいてしまう為に、色々な方法で改善をすることが必要になります。

 

全身から汗をかいてしまう事や、局所的な汗をかく場合など、症状もそれぞれ異なります。

 

大量の汗は、原因を解明してその人の合った改善策をとる事が大切になります。

 

特に気になる脇の汗の場合も、洋服にシミがついたり臭いがあることなどが特徴です。

 

脇の汗を治療する方法には注射打つことがあります。

 

ボトックス注射と呼ばれる注射は、元は美容目的で用いられていました。

 

しかし最近では、発汗機能の元となる神経の伝達を遮断する効果がある為に、多汗症の治療としてとても注目されています。

 

汗が気になる体の部位にボトックス注射を打つことで、汗を抑えることができるのです。

 

本格的な手術をするよりも、時間がかからず、手軽にできるためにとても人気がある治療方法です。

 

注射を打つだけですから、肌を切開する必要もない為に、傷跡が残る心配もありません。

 

しかし汗を抑える効果は永久的に持続しない為に、半年に1回程度の間隔で注射をすることが必要になります。

 

そして注射を打ったあとの副作用として頭痛や吐き気をする場合もありますので、信頼できる医療機関で治療してもらう事が大切ですね。

 

脇の汗は、目立つこと以外にも、臭いがあることが特徴です。

 

脇の下は通気性も悪く、雑菌が繁殖しやすい為に臭い菌が活動しやすいことも特徴です。

 

多汗症になると、まず汗をかいてしまう原因を解明する事が必要になります。

 

脇などの一部分だけに大量に汗をかく症状が特徴ですが、自然に治ってしまうこともあります。

 

しかし深刻な場合は症状がいつまでも続き、なかなか治らない為に、専門的な治療をすることが必要になります。

 

ボトックス注射は確実な効果がありながら、しかも手軽であることから、脇汗などの治療としてとても人気があります。

 

まずは医療機関で相談をして見ましょう。

 

自分にあった方法で改善する事が大切ですよ。

 

⇒注射は嫌!薬で何とかできない?