脇の汗 薬

薬で汗を止める方法について

汗を止めるためには、手術をする方法や薬を使う方法があります。

 

手術は皮膚を切開する為に傷跡が残る事などがデメリットになります。

 

多汗症の治療として行われる治療方法は、その人の症状や原因に合わせて、最適な方法で行う事が必要になります。

 

よほどひどい症状がある場合や確実な効果が必要な場合には、手術をすることが好ましいのですが、まずは薬で効果を見たいという方もたくさんいます。

 

大量な脇の汗をかいてしまう場合は、薬で症状を緩和する事が可能です。

 

効果的なものに市販で購入できる塩化アルミニウム液があります。

 

商品の種類はいくつかありますので、自分の肌にあうものを選んでください。

 

塩化アルミニウム液は、肌に傷があるときや、粘膜など敏感なところに使うことが出来ませんのでご注意ください。

 

そして外用薬以外では、服用して体の中から発汗作用をコントロールする方法もあります。

 

飲み薬には、交感神経の働きを抑える効果がありますが、喉の渇きや排尿障害などの副作用がある場合もあります。

 

汗は緊張した時やストレスを感じた時にでることがありますが、自律神経が不安定になると発汗機能も乱れてしまう為に、内服薬で自律神経を整える治療法もあります。

 

しかし飲み薬は、体への負担も心配されますので、専門医とよく相談をしてくださいね。

 

同じように飲む薬としては漢方薬があります。

 

気になる汗の症状を抑える医薬品のような効果はありませんが、体質を改善して根本的な原因に効果的である為に、脇の汗など治療法として人気があります。

 

漢方薬はドラッグストアやインターネットでも購入をすることが出来ますが、漢方医の診察を受けて自分にあったものを見つけることが安心ですね。

 

飲み薬で汗を止めるためには、自己判断で薬を選ぶことは危険な場合もありますので、まずは医療機関で処方をしてもらうほうが安心です。

 

汗をかきすぎる事が悩みとなっている人はたくさんいます。

 

治療方法はたくさんありますので、まずは簡単にできることから始めてみましょう。

 

⇒TOPページに戻る