脇の汗 止めたい

汗をかく効果について

暑い時や運動をした時に、私たちの体からは自然に汗をかきます。

 

汗は顔や脇の汗、手のひらなど色々な部分から出てきますが、汗をかくことによりどのような効果があるのでしょうか。

 

体の中には、体内毒素と体外毒素の二つがありますが、この毒素を排出する事が健康的にもとても大切です。

 

この排出をデトックスと呼びますが、体が汗をかくことは毒素を出す為の機能としてとても重要なことなのです。

 

尿や便で体の外に毒素を出す事と同様に、汗として毒素を出しています。

 

毒素には有害ミネラルがありますが、これは食べ物などを介して体内に蓄積してしまいます。

 

有害ミネラルは脂肪に溶け込んでいる事が多く、そのために汗をかいて皮脂を一緒に出す事ができます。

 

デトックスの効果を得る為には、お風呂にはいって汗をかくことが効果的です。

 

暑いお湯よりもぬるめのお湯に入ったほうが体の中まで温まる為に、代謝量がアップしてデトックス効果も高まります。

 

そして汗には体温を調節する機能があります。

 

気温が上昇した時など、体の熱が上がることを防ぐ為に汗が体が出てきます。

 

しかし、この発汗機能は人によっては正常に働かない場合もあり、多汗症と呼ばれる汗を異常にかいてしまう事もあります。

 

緊張をした時にかく脇の汗や手の汗など、ぽたぽたと垂れるほどの大量の汗をかいてしまうのは、治療や改善が必要になります。

 

健康的に本来の目的をはたす汗をかくことはとても大切なのですが、大量の止めたいほどの汗をかくことは問題なのです。

 

気になるときには医療機関で診察を受けることが必要です。日常生活に支障をきたしてしまうような汗は、止めることや改善をすることが可能です。

 

食生活や生活習慣もとても重要な為に、健康的に汗をかくためにも毎日心がけることが必要です。

 

体内に老廃物が蓄積してしまうと、体のむくみなどの症状も出てしまいます。

 

体の機能を活発にするためにも、汗をかく効果は理解しておく事が大切ですね。

 

⇒汗と自律神経の関係について