脇の汗 黄ばみ

汗で洋服に黄ばみがつくのはどうして?

気がつくと洋服についている汗の黄ばみ。

 

いくら洗ってもなかなか綺麗にならないこの黄ばみは、脇の汗によく見られます。

 

その原因ですが、一番多いのが毎日脇の下につけるデオドラント剤の為です。

 

脇の汗とデオドラント剤の成分が反応をして、黄色に変色することがあり、そして脇の汗は雑菌などがとても増えやすい体の部位でもある為に、黄ばみとなりやすいのです。

 

洋服の黄ばみが気になるときには、一時的にデオドラント剤の使用を中止してみましょう。

 

それで洋服に黄ばみがつかないようであれば、黄ばみはデオドラント剤が原因だと分かります。

 

体からでる汗は汗腺と呼ばれるところから分泌されています。

 

その汗腺はエクリン腺とアポクリン腺の二つに分けられています。

 

アポクリン腺から分泌される汗は、黄色で、しかも粘着質がある為にワキガの原因ともなっています。

 

脇の汗はアポクリン腺から出る為に、汗の色や臭いが他の体の部位に比べても強い事が特徴です。

 

背中や胸なども汗をかきますが、洋服には黄ばみがつくことはあまりありませんよね。

 

脇の汗は特徴がある為に、大量にかいてしまう時にはストレスにもなってしまいます。

 

体からの汗にはいい汗と悪い汗があります。

 

エクリン腺から分泌される汗は、無色透明で気になる臭いもありません。

 

しかしエクリン腺からの汗も、汗腺の働きが減少してしまった時や、精神的な要因で黄ばみの原因となることもあります。

 

このような場合には、体の代謝を活発にして良い汗をかくように改善する事が必要ですね。

 

脇の汗などは緊張する事で量も増えてしまいます。

 

多汗症の場合には根本の原因から改善する事が必要になりますので、黄ばみになるような汗を減らす事が大切ですね。

 

汗には良い汗と悪い汗があります。

 

正常に発汗機能が活動して、代謝も活発であれば汗の黄ばみや臭いなどは気になりません。

 

洋服につく黄ばみも予防をすることは可能なのです。

 

⇒汗をかく効果について