脇の汗 緊張

脇汗で困る3つの事とは?

暑くものないのに、自分だけが大量に汗をかいてしまうなんて経験はありませんか?

 

全身からでる汗は、体の部位によってはとても目立ちますよね。

 

特に脇の汗は困ることがたくさんあります。

 

その中でも特に困る3つの理由のついてご紹介します。

 

まず一つ目は、大量に脇の汗をかいた時、洋服に濡れた汗ジミが残ってしまう事です。

 

汗をかくのは決して暑い季節だけではありません。

 

冬でも脇の汗はとてもかきやすく、上着を脱いだ時に脇の下が濡れているのはとても恥ずかしいことです。

 

脇汗対策としてパッドなどが販売されていますので、大量に汗をかいてしまう時には、このようなグッズを使うことも汗ジミ対策として効果があります。

 

そして二つ目は黄ばみがついてしまうことです。

 

脇の汗はアポクリン汗腺から分泌される為に、色や臭いがあることが特徴です。

 

そして脇の下は腕を動かした時に汗シミがとても目立つ為に、恥ずかしい思いをしますよね。

 

何度洋服を洗っても脇の部分だけに黄色のシミが残る事があります。

 

脇の汗は緊張をしたときによくかきますが、精神的なことやストレスなどが原因となります。

 

緊張をしやすい人は、リラックスできる方法を身に付けると、このような緊張した時の脇汗を減らす事が出来ます。

 

黄ばみを残さない為には、洋服をこまめに取り替える事や、制汗剤を使いすぎないようにする事も必要です。

 

そして三つ目は脇の汗の臭いです。

 

ワキガと呼ばれる臭いはとても周囲の迷惑となります。

 

エチケットとして制汗剤などで予防をすることが必要ですが、脇は雑菌が繁殖しやすいために、臭い菌がでやすいことも特徴です。

 

気になるワキガを改善する為には、体をいつも清潔にする事や、吸汗性のある洋服を着る事なども効果的です。

 

汗をかくことは、健康の為にも大切ですが、迷惑な脇の汗は予防対策をすることが必要ですね。

 

特に臭いは気になりますので、毎日の心がけで改善する事も大切です。

 

多汗症の場合には早めに治療改善する事が必要です。

 

⇒洋服に付く脇の汗の黄ばみってなに?